ED治療 勃起不全 インポ

ED(勃起不全・インポ)を治そう!

「EDってなに?」聞いたことがない人もいるでしょう。
しかし、男性だったら何かしらのことで知っていることと思います。
そうです。EDとは勃起不全のことで、この勃起不全とは発起障害ともいわれます。
この言葉を聞くと、完全に勃起ができないのかと思われますが、そうではなく、発起に時間がかかったり、勃起しても途中でなえてしまったりして、満足のある性交渉ができないと感じている人はED、勃起不全の可能性があります。
また、加齢で次第に勃起が弱くなってきた人、まだ20代なのに、いざ性交渉をするとき、緊張して勃起しなくなってしまう人、どの場合でもEDには変わりありません。
年齢層はどうなんでしょうか?
年齢層は、10歳代から80歳代までいらっしゃいます。

 

EDの原因とは何?

EDは一般的な病気です。
今、日本人男性の約半分以上の人がEDで悩んでいるといわれています。
しかも年齢的には男盛りの40歳代から年は重ねますが70歳代くらいです。
では、EDになる原因は何なんでしょうか?
それは、ストレスなどの精神的・心理的なものもありますが、病気によるものもあります。
例えば糖尿病や高血圧症です。
また病気ではないのですが、喫煙や飲酒からEDになる人もいます。
つまり生活習慣ですね。
性器は性的刺激によって、神経を介して勃起する信号が送られます。
そうなると、陰茎海綿体という動脈が開いて血液が流れ込んでいきます。
海綿体は、わかりやすく言うとスポンジのように血液を吸い込んでため込みます。
そして膨張して固くなるわけです。
この状態が勃起した状態になります。
ただ、生活習慣が良くない場合などで、動脈の開き方が不十分になると、EDになります。

原因

EDになる原因は多岐にわたります。

心理的なストレスがあるとき

つまりストレス、不安、うつなど。だいたい20歳代から40歳代に多いようです。

加齢からくるもの

年齢を重ねるとEDの割合は上がってきます。

生活習慣病によるもの

糖尿病、心臓病、高血圧、高脂血症などです。

神経系の障害によるもの

脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病です。

手術や外傷からくるもの

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの手術で摘出し、その周りにある血管や神経に傷がつき、EDになるケースもあります。
脊髄損傷もその一つです。

前立腺肥大などの泌尿器科系の病気や腎不全、陰茎の先天性の疾患
薬を飲んでいる

これは一部の薬で、EDを引き起こすことが分かっています。
例えば中枢神経に働く薬、解熱剤・抗不安薬・精神安定剤・抗うつ剤・睡眠薬などの向精神薬がそれに当たります。
また末梢神経に働く薬で、骨格筋緩和薬・局所麻酔薬・抗コリン薬などです。
循環器系に働く薬もそうです。
巣性脈治療薬、利用剤、降圧剤、高脂血症溶剤などです。

 

ED治療薬について

EDは、改善可能な症状です。
薬もあります。まずは病院で治療してもらって
薬を処方してもらいましょう。
今、日本にはED治療薬として、厚生労働省に認可を受けている薬は、3種類あます。
「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類です。
それぞれを比較してみましょう。

バイアグラ

特徴としては、アメリカのファイザーという会社から発売されたもので、世界110か国以上で使用されている、世界で初めてのED治療薬です。
効果的には非常に優れており、安全に治療ができる薬です。
ただ、ちゃんとクリニックでこのお薬を処方してもらうようにしてください。
服用のタイミングとしては、性行為の1時間以上前に服用してください。
食後に服用すると、効果がでるまでに時間がかかります。
服用するときは、食事前の空腹時に服用してください。
効果持続時間は、3時間程度です。
バイアグラの効果はどんな効果であるか?
それは服用すると、性的興奮に伴って、勃起を補助する効果を発揮しやすくなります。
また、まったく勃起しない人は、性的興奮があると勃起しやすくなります。
勃起しても中折れしてしまう人は、勃起の持続力が向上します。
早漏の人は、改善していきます。
射精後の回復が早く、短時間で再度勃起ができるようになります。
また、なんといっても、服用によって精神的なゆとりが出てきてコンプレックスが改善されることは大きな効果であると思います。

 

バイアグラは安全か?

一時期、バイアグラがブームになった頃、副作用などで世間をにぎわしたことがありました。
こういうことがあったことで、いくらクリニックからもらうからといっても、バイアグラは安全なのかどうか、心配ですよね。
バイアグラは、健康な人にとっては、ED治療薬としてとても安全で、副作用は稀です。
ただ、稀な副作用としては、頭痛やめまい、消化不良、鼻炎、視覚異常などが現れることがあります。しかし現れたとしても、3時間から4時間くらいで、通常通りに戻ります。
ただ、いくつかの症状が同時期に現れたり、症状が強いときは、相談してください。
また、これは稀なことなのですが、勃起が4時間以上続く可能性があります。
勃起が4時間以上続くと、直ちに緊急で総合病院を受診してください。
勃起が6時間以上続くときは、処置が遅れると勃起機能が失われる可能性があります。

 

注意

次に該当する人は、バイアグラを使うことを慎重にするべきです。
使用する前に、医師に必ず相談してください。

  • ・陰茎の構造に欠陥がある人
  • ・血液の病気がある人
  • ・PDE5阻害薬また勃起不全治療薬を使っている人
  • ・出血性疾患または消化性胃潰瘍の人
  • ・腎臓に障害がある人
  • ・肝臓に障害がある人
  • ・アルファ遮断剤を使っている人
  • ・多系統萎縮症の人

 

レビトラ

特徴としては、バイアグラと比較すると即効性があり、効果が出る目での時間が短いこと。
空腹時でなくても服用が可能であること。
この2点があります。
また、バイアグラで効果が出なかった人や糖尿病の人、前立腺がんの治療後の人でも効果が出るという薬です。
服用のタイミングですが、性行為時の30分から1時間前に服用してください。
食事の影響を受けにくいという特性があり、満腹時の服用でも可能です。
効果持続時間は、服用してから4時間から5時間です。

 

レビトラは安全か?
  • ・健康な人にとっては、安全で副作用は稀です。
  • ・また、副作用が出たときは、頭痛やめまい、消化不良、鼻炎、視覚異常などが現れますが、このような副作用が現れたとしても、3時間から4時間程度で治ります。
  • ・いくつかの症状が同時期に現れたときは、相談してください。
  • ・これは稀なことですが、勃起が4時間以上続くときがあります。このようなことがあった場合は、処置が遅れると勃起機能が失われることがあります。

    早急に総合病院に行ってください。

 

注意

  • ・陰茎の構造に欠陥がある人
  • ・血液の病気のある人
  • ・PDE5阻害薬か他の勃起不全治療薬を使用している人
  • ・出血性疾患か消化性胃潰瘍のある人
  • ・腎臓や肝臓に障害がある人
  • ・アルファ遮断剤を使用している人

 

シリアス

特徴は、長時間有効であるために、服用のタイミングを考えたり効果の時間内に行為を終わらなければならないという焦りを感じることがありません。
海外ではこの薬を「ウィークエンドピル」と呼ばれており、金曜日の夜に服用すると、日曜の朝までに効果が続くため、人気のあるED治療薬です。
服用のタイミングですが、性行為の30分から1時間前に服用してください。
この薬は、レビトラと同じように食事の影響は受けません。
効果持続時間は、服用してから24時間から36時間と長時間の効果が得られます。
服用のタイミングですが、性行為の30分前から1時間前に服用してください。
シアリスはレビトラと同じく、食事の影響は受けないので安心です。
作用時間は、24時間から36時間と、かなり長時間の効果があります。

 

シリアスは安全なのか?
  • ・健康な人にとっては、安全で副作用は稀です。
  • ・また、副作用が出たときは、頭痛やめまい、消化不良、鼻炎、視覚異常などが現れますが、このような副作用が現れたとしても、3時間から4時間程度で治ります。
  • ・いくつかの症状が同時期に現れたときは、相談してください。
  • ・これは稀なことですが、勃起が4時間以上続くときがあります。このようなことがあった場合は、処置が遅れると勃起機能が失われることがあります。

    早急に総合病院に行ってください。

 

注意

  • 陰茎の構造に欠陥がある人
  • 血液の病気のある人
  • PDE5阻害薬か他の勃起不全治療薬を使用している人
  • 出血性疾患か消化性胃潰瘍のある人
  • 腎臓や肝臓に障害がある人
  • アルファ遮断剤を使用している人

 

以上、EDの薬についてお話をしました。
薬の購入については、ネット販売ではなく、必ずクリニックで処方してもらってください。